HyperWorksを就職活動の武器に

Altair HyperWorksは製品開発に必要な構造、衝撃、機構、流体、電磁界(波)、最適化に加えて、プレス、鋳造、押出成形用の各種ソルバーや、それらを使用するためのプリ・ポストプロセッサ、さらにはモデルベース開発ツールをも備えた統合CAEプラットフォームです。主要な自動車OEM、重工メーカー、電機メーカーでの採用率は100%、その他の業種でも幅広く利用されています。

>> 機械工学、建築学、土木工学を学ぶ学生のためのCAE

現場で実際に使われるソフトウェアを学生時代に習得することは、就職活動におけるアピールの幅を広げることにつながります。また、就職後も即戦力として活躍の場を広げることができます。学生の皆様は無償学生版をご利用いただけます。

先輩の声

Kさん

アルテアで約1年間インターンを経験し、自動車メーカーに就職

HyperWorksで一連のシミュレーションを体験したことで、将来もCAE業務に携わり、より効率的に高性能なものづくりを実現したいと思うようになり、就活でもこうしたストーリーで話をすることができました。面接官の方々にも共感いただき、印象アップにつながったのではないかと思います。今もツール習得の早さをときどき先輩方にほめられます。

Fさん

アルテアで約1年間インターンを経験し、家庭用ゲーム機器メーカーに就職

CAEの知識があること、様々なCAEの適用例を知っていることは、就活でアピールになったと思います。残念ながら今の業務ではCAEを使っていませんが、いつかは業務に役立てたいと思っています。

企業の声

Iさん

大手コンサルティング
企業 CAE部部長

HyperWorksを使える新人がきたら非常にありがたいです。弊社は入社後半年かけてCAEの研修を実施していますが、そもそも拘束条件などの用語から伝えていく必要があるので、はじめからある程度理解があると教える側としても非常に楽ですし、採用でも有利に働きます。

また、HyperWorksのようなすでに実績あるツールを使えるのは非常に安心感があります。HyperWorksの中で様々な解析ができるので、構造だけでなく流体等も勉強しやすいと思います。

Sさん

大手建設機械メーカー
解析部門責任者

HyperWorksは様々なシミュレーションツールへの入口であり、多くの会社で活用されているため、それを学生のうちに触れていることはメリットが大きいと思います。

単純に操作スキルだけでなく、FEMの知識や解析結果の見方など、当ソフトを使いこなすには様々なスキルが必要になります。これらのスキルが一部でも習得されていれば、育成期間を短縮でき、ロジックや各会社特有の解析モデル化、評価手法の理解に時間をかけることができます。時間を本当に必要なところに掛けることができるのはアドバンテージとなると思います。

Dさん

大手自動車メーカー
解析部門
一番重要なのは有限要素法や最適化等の工学的基礎なので、しっかり学んでほしいです。その上でHyperWorksが使える新人さんがきたら嬉しいです。

学生・教員向けのアカデミックプログラム

Altairでは、これから社会に出て未来を担ってゆく学生の一助となれるよう、製品の無償提供をはじめ、セミナー、学生活動支援、インターンの採用など、学生や教育機関向けの様々なプログラムをご用意しています。


構造エンジニアや機械系エンジニアを志す意欲的な学生が利用できる、無料のコンピュータ支援エンジニアリング(CAE)ソフトウェア製品群の無償学生版です。国内の教育機関に属する学生であれば誰でも利用できます。豊富な学習教材がAltair Universityに用意されており、Japanユーザーフォーラムを通じて、オンデマンドのインタラクティブなサポートを受けられます。


Altairクラスルームは、授業でAltair製品を使用するための特別な無償プログラムです。マシンの台数やネットワークの状況に応じたライセンスを発行します。特典として、授業で操作方法を教える手間を省くための学習認定プログラム「Learning & Certification Program」をご利用いただけます。


HyperWorksのライセンスおよび技術サポートを無償で提供し、全日本学生フォーミュラ大会やソーラーカーレースといったカーレースなどへ向けた学生活動を支援しています。

基礎を学べる無償eブック

学生向けの自習教材、eブックの日本語版です。現在公開されている「有限要素シミュレーションの実践」では、有限要素法の基礎やシミュレーションの種類といった基礎にはじまり、解析を実行して精度検証を行うまでの手順を解説しています。有限要素シミュレーションをこれから始めたい方や、解析をおさらいしたい方にぜひ読んでいただきたい一冊です。

お問い合わせ