Tag: japanese

アップライト軽量化のアプローチ【学生フォーミュラ向けビデオ】

最適な材料の配置を求めることで、不要部位を特定し構造の無駄を省くことができます。使用ソフトはHyperWorks製品群に含まれます。     関連動画:『フレームねじり解析デモ』(2013/10/8) Altairは全日本学生フォーミュラ大会の参加チームにHyperWorksのライセンスを無償で提供しています。お問い合わせ:studentformula@altairjp.co.jp

【University of Tokyo/東京大学】転てつ付属装置の磨耗現象解明のための有限要素法解/Finite Element Analysis for Wearing Mechanism on Attachment Device of Railroad Switch

アカデミックオープンプログラム参加機関/Academic Open Program :東京大学/ University of Tokyo 転てつ付属装置の磨耗現象解明のための有限要素法解/Finite Element Analysis for Wearing Mechanism on Attachment Device of Railroad Switch   掲載論文一覧はこちらから >> アカデミックオープンプログラム

連載コラム【解析よもやま話】

Facebookで連載中の人気コラム「解析よもやま話」の過去の記事 第1回:境界条件の大切さ 第2回:CADデータの問題点 第3回:ビームモデルの活用 第4回:フレーム構造かモノコック構造か(その1) 第5回:フレーム構造かモノコック構造か(その2) 第6回:フレーム構造かモノコック構造か(その3) 第7回:応力よりも剛性が大事 第8回:ビームモデルの活用(続編) 第9回:欧米と日本の違い 第10回:インダストリアルデザインについて 第11回:KKD(勘、経験、度胸)も必要 第12回:CAEベンダーが目指している未来 第13回:トポロジー最適化と3Dプリンター 第14回:学生フォーミュラの見学に行ってきました 第15回:プロの世界もツールは同じ 第16回:A bit bihind the times 第17回:ビーム要素に注意 第18回:高張力鋼で剛性向上? お問い合わせ:marketing@altairjp.co.jp 投稿 by Altair Japan.