Tag: packaging

Packaging CAE Manager トップロード解析自動化ツール

アルテアエンジニアリングは、包装容器の解析において最も実績のあるCAEソフトウェアメーカーのひとつです。 ユニリーバ、P&Gをはじめ国内の消費財メーカ、飲料水メーカや化粧品会社で、総合CAEソフトウェアのHyperWorksや3DデザインソフトのEvolveが幅広く利用されています。パッケージ開発において、どのような課題があり、解析によってどのようなことが可能かについて長年の経験があります。CAEソフトウェア会社でありながら、包装容器開発の言葉を理解し、的確なサポートを提供します。 アルテアはボトルの解析専用ツール、Packaging CAE Manager(PCM)を2014年にリリースしました。PCMはプラスチックボトルの開発で必要になる試験を、バーチャルテストとしてパソコンで解析できるソフトウェアシリーズです。はじめにトップロード解析ツールが利用できるようになりました。その後、陽圧/負圧解析ツールが開発されました。

Packaging CAE Manager(PCM)に、陽圧・負圧解析ツールが新登場

Packaging CAE Manager (PCM)は、CAEの操作に熟達していない設計者向けに開発されたプラスチックボトルの構造解析ソフトウェアです。このたび、トップロード解析ツールに加えて、陽圧/負圧解析ツールが新たに加わりました。次のような解析を簡単に実行することができます。解析の設定には1分もかかりません。 <陽圧/負圧解析ツール> ボトル口(くち)開放状態での静水圧解析 蓋の閉まったボトルの陽圧解析 内液なし 内液あり 蓋の閉まったボトルの負圧解析 内液なし 内液あり その他、PCM Ver.2からFEM(有限要素モデル)を読込むことができるようになりました。PCMで自動的にメッシュ分割を行うだけではなく、HyperMeshで細かく肉厚分布を設定したモデルを読込んで、簡単に解析設定が可能です。