Tag: sejp

連載コラム【解析よもやま話】

Facebookで連載中の人気コラム「解析よもやま話」の過去の記事 第1回:境界条件の大切さ 第2回:CADデータの問題点 第3回:ビームモデルの活用 第4回:フレーム構造かモノコック構造か(その1) 第5回:フレーム構造かモノコック構造か(その2) 第6回:フレーム構造かモノコック構造か(その3) 第7回:応力よりも剛性が大事 第8回:ビームモデルの活用(続編) 第9回:欧米と日本の違い 第10回:インダストリアルデザインについて 第11回:KKD(勘、経験、度胸)も必要 第12回:CAEベンダーが目指している未来 第13回:トポロジー最適化と3Dプリンター 第14回:学生フォーミュラの見学に行ってきました 第15回:プロの世界もツールは同じ 第16回:A bit bihind the times 第17回:ビーム要素に注意 第18回:高張力鋼で剛性向上? お問い合わせ:marketing@altairjp.co.jp 投稿 by Altair Japan.

教員向けライセンス

Altairは、教育機関向けに非常にお得な割引ライセンスをご用意しています。このライセンスは、授業だけでなく、営利目的でない学術研究にも使用することができます。ソフトウェアライセンス発行前に教育ランセンス契約を締結する必要があります。ご使用になりたいのが、授業用のCAEライセンス、クラスター向けライセンス、研究ライセンス、学生向けライセンスのいずれの場合でも、最終的には皆様が最も重要な教育や研究に集中できるよう、できる限りシンプルなライセンスプログラムにしたいと私たちは考えています。 特許取得済みのHyperWorks独自のライセンス方式に加え、教育機関に対し私達は他社とはまったく異なった関わり方をしています。Altairの画期的なユニットベースのライセンスシステムにより、教育機関はAltairのあらゆるソフトウェア製品を、ライセンスプールサーバーから必要な数のトークン(HWU)を動的に得ることにより稼動できます。このライセン形態を有効に活用することにより、多彩なソフトウェアをキャンパス全体で共有でき、ソフトウェア資産を無駄なく運用することが可能です。-昔ながらのライセンスプログラムに比べ、より大きな価値を提供しています。 HyperWorksのライセンスシステム  ソフトウェア投資の活用度を増加 柔軟性に優れた、キャンパス全体でのHyperWorksソリューションの使用 ソフトウェアにかかるコストの削減 Altair独自の“レベリング”方式は、追加でユニットを加算することなく、HyperWorksが並行して複数のアプリケーションを稼動することを可能にし、“スタッキング”トークン方式を上回る価値を提供します 教員の皆様は、次の方法でHyperWorksをご利用いただけます。  教育機関向け割引ライセンス 非常にお得な割引に加え、ボリュームディスカウントも併用していただけます。興味がございましたら、academic@altairjp.co.jpまでお問い合わせください。 その他の方法については、academic@altairjp.co.jpへお問い合わせください。ただし、こちらから技術サポートはお受けしておりません。 「クラスを代表し、大学における学習に対するAltairの手厚いサポートに感謝したいと思います。」 Dr. Wei Chen, Wilson-Cook Professor of Engineering Design, Professor of Mechanical Engineering, and Director of the Integrated DEsign Automation Laboratory (IDEAL)   教育機関向けアカデミックライセンス表 申込可能な方 概要 費用 サポート 問合せ … Read More

教育機関向けアカデミックライセンス表

申込可能な方 概要 費用 サポート 問合せ アカデミック ライセンス 教員 HyperWorksすべて利用可 (契約したライセンスの上限まで) 有償 アカデミックディスカウント メール 電話 Web トレーニング メール アカデミック ライセンス 10・20ユーザー セット 有償 アカデミックディスカウント + ボリュームディスウント Academic Open Program 教員 HyperWorksすべて(50HWUまで) *論文提出等の条件あり 無償 メール(条件有) Web メール Student Edition 学生 HyperWorks版 solidThinking版 … Read More

HyperWorks® 13.0 Student Edition –
概要およびリリースノート

HyperWorks は、迅速な設計検証および意思決定のための包括的なシミュレーションプラットフォームです。HyperWorks は、あらゆるシミュレーションプロセス(モデリング、解析、最適化、可視化、レポート、共同シミュレーション管理)のためのクラス最高レベルのツールを密に統合した製品群を提供します。 HyperWorks 13.0 Student Edition は、軽量設計、複合材の構造解析、効率的なモデリングとメッシング、複合領域の解析、構造最適化、および設計の検証などの領域で多くの新機能を提供します。 Student Edition 製品群には次のアプリケーションが含まれます: HyperMesh®、HyperCrash®、OptiStruct®、RADIOSS®、HyperView®、HyperView Player®、HyperStudy®、HyperGraph®、MotionView®、MotionSolve®、MediaView™、TextView™、TableView™、Process Manager™、HyperMath®、solidThinking Evolve®、solidThinking Inspire®、 AcuSolve®、AcuConsole® HyperWorks® 13.0 Student Edition では、これらすべてのアプリケーションを個人のデスクトップまたはノートPC で使用できます。 HyperWorks 13.0 Student Edition は、モデリングと可視化のための統合されたユーザー環境であるHyperWorks Desktop をベースにしています。有限要素やマルチボディダイナミクスのシミュレーションのプリ/ ポストプロセスだけでなく、シミュレーションデータおよび試験データの管理と可視化にも使用できます。HyperWorks Desktop を通じて利用できるアプリケーションは、相互に連携させることが可能です。たとえば、HyperMesh とHyperView 間でビュー(回転、パン、ズーム)を同期したり、HyperView、MediaView、HyperGraph の時刻歴アニメーションを同期したりできます。 HyperWorks 13.0 Student Edition … Read More

学生向けライセンス

学生向けライセンスの種類 学生の皆様は、次のいずれかの方法でHyperWorksをご利用いただけます。 担当教授、指導教官、またはIT部門の担当者に所属部門(大学)がHyperWorksライセンスを既にお持ちかどうか(可能性は高いです)をご確認ください。構内ネットワーク、VPN経由の外部からのアクセス、構内サーバーからライセンスを借りることで、HyperWorksを使用可能です。  HyperWorks 13.0 Student Edition(無償)または solidThinking Student Edition(無償) 個人が所有するPC でのみご利用いただけます。学校のPC へのインストールはできません。使用制限等の詳細はHyperWorks 13.0 Student Editionのリリースノートをご確認ください。 ・solidThinkingはHyperWorks Student Editionに含まれています。 ・solidThinking Student Editionは日本語GUIをご用意しています。  学生フォーミュラ参加チーム向けライセンス(無償) studentformula@altairjp.co.jpまでお問い合わせください。 その他の方法については、academic@altairjp.co.jpへお問い合わせください。ただし、こちらからの技術サポートはお受けしておりません。   教員向けライセンスはこちら  教育機関向けアカデミックライセンス表 申込可能な方 概要 費用 サポート 問合せ アカデミック ライセンス 教員 HyperWorksすべて利用可 (契約したライセンスの上限まで) 有償 アカデミックディスカウント … Read More